[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE

[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE
[アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE
品番: NHEIZNRLE
在庫: 在庫あり
価格: 13,542.82円 7,745.33円

オプション:


* Size:

  • メイン素材: 天然皮革

  • ソール素材または裏地: ゴム

  • ヒールの高さ: 2.5 cm

  • 留め具の種類: レースアップ

  • ソールの厚さ:2cm

  • 商品紹介

    創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」からも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しました。2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが「日本」でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ?ションモデルまで、幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界連動の「Monthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)」がスタートし、世界を席巻しました。そんな同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る1990年に発表された「GEL-LYTE III」からシーズナルカラーがリリース。長距離ランナー向け軽量シューズ「GEL-LYTE III」は「クッショニング性」を重視したランニングシューズのトレンドから、徐々に「アッパー」の「フィッテング性」の更なる進化に移行した90年代初期にリリースされ、長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクである"BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)"を最小限に抑えながら「シュータン」が左右に移動するのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新テクノロジー「SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載。更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れ、長期に亘っての「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」も飛躍的に向上。そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを高次元で組み合わせた事で、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。今作のシーズナルカラーはシンプルなワントーンカラーを採用しながら「アッパー」マテリアルに上質な「スウェード」を使用し細部に「パンチング加工」を施す事でアクセントをプラスし「ASICS Tiger」のスタンダードモデルとして認知された「GEL-LYTE III」にモダンな価値観を付加しています。その歴史の重みを継承し、ブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く、温故知新としてのアプローチを示した今作を足元から体感して見て下さい。

    ブランド紹介

    創業者である鬼塚 喜八郎氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から歴史をスタート。その後「Onituska Tiger」を経て、1977年に日本が世界に誇るナショナルスポーツブランドへと成長を遂げる「asics」へと改名。2015年にはこれまでの歴史に基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして「ASICS Tiger」が誕生。スポーツブランドとしてだけでは無く、スポーツライフスタイルを提案するブランドとしても活躍の幅を拡大しています。ローマ出身の風刺作家であるDECIMUS JUNIUS JUVENALIS氏の格言、健全な精神は健全な肉体に宿るを意味するMens Sana In Corpore Sanoがブランド名の由来とされ、原典では精神はMensで表現されていますがブランドコンセプトに基き躍動する精神と言う、より動的な意味を持つAnimaに置き換えAnima Sana in Corpore Sanoとして、この言葉の頭文字を引用したネーミングを社名「asics」に採用。その後、数々の画期的なプロダクトを開発した事で知名度も上がり事業は急成長。1956年に開催されたメルボルンオリンピックでは日本選手団用トレーニングシューズとして正式採用される等、注目を集めました。そんな順風満帆な成長に陰りが見え始めたのは、スポーツシューズブランドとしての技術を軸に事業の多角化に経営方針を転換させた事が切っ掛けとなり経営を圧迫して行きました。そんな逆境の中、再起を図る為に鬼塚 喜八郎氏は1964年の東京オリンピックに照準を合わせ、原点回帰に舵を取って行きます。本来の事業であるスポーツシューズブランドとして特化する事により、真摯にユーザーと向き合いながら求められるプロダクトを開発。更に世界中のアスリートにプロダクトを履いて貰う為にプロモーション活動を積極的に行った事が花開き、東京オリンピックに出場した多くのアスリートの足元を支えメダル獲得に貢献。経営は再び軌道に乗り、世界的なスポーツシューズブランドとして躍進するターニングポイントとなりました。一点にキリでもみ込むように集中攻撃すると言う意味合いが込められたこの活動は、後にキリモミ商法と呼ばれる様になり、現在も創業者から語り継がれるフィロソフィとして脈々と受け継がれています。現在もその成長は途切れる事無く、2020年に行われる東京オリンピックに於けるスポンサーシップ契約結んだ事により、更なる飛躍とスポーツの発展への貢献が期待されています。

    [アシックスタイガー] スニーカー GEL-LYTE III HL7X2 - NHEIZNRLE

    Powered By yurisnightbayarea.net © 2020